季節の変わり目は、梅肉エキス&青魚EPAの疲労回復レシピが芯から効く!

健やかを保つ

いよいよ師走。寒暖の差が激しい季節の変わり目に、身体の疲れを素早く癒すため、昔から愛用しているものの一つに「梅肉エキス」があります。

青梅約5キロ分の果汁を約20時間じっくり煮詰めた濃縮エキスで、見た目も味も“濃厚”な梅の抽出液です。

ほんとうに酸っぱく、スプーンの先にちょこんとのせたもの(約3グラム)を白湯に溶かして飲むのがおススメですが、今日は仕事で疲れたココロと身体のメンテナンスに、青魚=イワシを使ったお手軽メニューを考案しました!

わし水煮の梅肉あえ・・・白髪ネギと針ショウガ入り

①イワシ水煮の缶詰2個分の汁気を切って、ボウルに入れる

② 水煮の汁100㏄に、梅肉エキス小さじ半分を混ぜ、レンジ800Wで40秒くらい加熱。

常温だと混ざりにくいので。。
レンチンでちゃんと混ざり合います

③白髪ネギ(私は時短でせん切りになっています)を、レンジで800W1分位チン(レンチンなしでもOK)

④ショウガを針ショウガ(千切りでも良い)にしておく。少量。

⑤すべてを混ぜたら、完成!!

味は、かなりすっぱくてさっぱり!夏もよいですが、季節を問わず疲労回復におすすめ。

梅のクエン酸と、イワシのEPAが疲れを短時間で癒してくれ、血液がさらさらに。身体の芯が軽くなる感じを得るんですよね♪調理時間5分、ぜひお試しあれ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました