マシュマロ入りブラウニー、失敗を乗り越えて焼き上げ♪豆乳、ナッツで低カロリーに

旬食

バレンタインのお菓子を、おいしくヘルシーに、時短で作れないかな・・様々なレシピが登場するなかで、試行錯誤で挑戦!失敗を乗り越えて完成した「マシュマロ入り 豆乳ナッツブラウニー ブラック&イチゴ」。神様は、乗り越えられない試練は与えないそうです(苦笑)。市販のチョコを使用し、生クリームを豆乳に、小麦粉を全粒粉に置き換えてローカロリーに。ナッツもたっぷりで、栄養価も上げ、焼き時間を除けば、20分位で、甘さ控えめなスイーツができちゃいます!

市販チョコ、豆乳、ナッツ、マシュマロさえあれば出来ると・・・

2年程前に作ったことのあるマシュマロ入りチョコ。元々、水飴の入っているマシュマロが、しっとり感を手軽に与えて固まりやすくしてくれるメリットが。でも、もう少しヘルシーに、手軽な材料で出来ないかな~、そして経験値で作ってみよう、と用意したのは、市販のブラックチョコ(ベリー味)と、ガーナチョコの期間限定イチゴ、豆乳、ナッツ類(そしてマシュマロ)です。(途中、あれこれちょい足しが登場ていきます)。

レンチンですべて溶かして混ぜて、冷蔵庫で冷やし固め完成!のはずが・・・泣

定番の、チョコのレンチン溶かし・・・800Wで1分位、マシュマロも30~40秒くらいであっという間にとろとろに。ここに、豆乳、ナッツ、マシュマロを加え、ちょい足しでスパイシーにナツメグを入れて大人の味にしてみようかなと一振りしたり、順調に思えたのですが・・

ナッツ、先に入れてしまったけど
豆乳とマシュマロも加え
あとは固めるだけ!と冷蔵庫に2時間

固まらない・・・原因は、チョコと豆乳の比率、市販チョコならもっと豆乳率を下げないとダメ

2時間冷やしても、うまく固まらない。豆乳が多かったかな(それでも大さじ1位だったけど)。調べてみると、生チョコを作る際だと、カカオ比率の高いクーベルチュールのようなチョコ:生クリームで、本来、2:1なのだそう。これがブラウニーですし、市販チョコ(植物油脂や砂糖なども入っている)だと生クリーム率をさらに下げないとだめで、さらに牛乳→豆乳と置き換えるほど、水分率が上がるため、もっと下げないとダメ。なので、再調査したところ、ブラウニーならば、卵、小麦粉を加えて「焼く!!」(あれ、そもそも焼く前提で作ってなかった、以前も焼いたのか・・ばか)、そして、豆乳比率を下げるべく、追いチョコ(各味1枚ずつ)で、オーブン180℃、30分でGOです!

ちなみに、固まらなかったイチゴチームの途中はこちら(色がキレイです♪)

焼き上げて、今度こそ完成!全粒粉とたっぷりナッツで甘さ控えめ、しっとり、ヘルシーなブラウニー♪

じっくり焼いて、2種のブラウニーがやっと完成!味わいは、全粒粉の比率も高まり、甘さ控えめで焼き上がりもしっとり。バター不使用で健康的スイーツに。豆類は、アーモンド、クルミに加え、ピスタチオも途中で追加。豊かな食感と栄養的にもバランスがよくなりました(ほっ)。失敗は、成功の母です。多くを学んだ機会でした(前向き)。

焼けた~!右がブラック、左がイチゴだけど、イチゴ色はどこへやら(全粒粉を足したため、白くなります)

追伸:気分転換にお散歩・・・ロマンチックな夜の洋館へ♪

月の美しさに惹かれ、ご近所にふらりと散歩に出ました。洋館の佇まいが、夜景とともに、夜はさらにロマンチックに映えます。想いを馳せると、心も温かに。ハッピーな願いが届くといいな♪

うってかわって、今朝の空。快晴で、太陽の位置も日に日に高くなってきました。この眩しさ、エネルギーに感謝です。何事も、当たり前のようで、当たり前じゃないから。ありがとう。今日もスマイルに幸あれです♪♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました