新鮮!オレンジの白菜でミルフィーユ鍋、アレンジは、かぼちゃたっぷりの”ほうとう”でうま味を食べ尽くす

旬食

キーンと冷える朝、新年も寒さが日に日に増します。温活も続くよどこまでも、という訳で、最近見かけるようになった野菜、オレンジ色が特徴です。(写真右)

この白菜、「オレンジクイン」という品種で、産直所などで見かけるように。白菜とカブを交配させてできたものだそう。青臭さが少なく、シャキッとした歯切れのよい食感が特徴。しかも、甘みも豊富で、煮炊きから漬物、サラダ用まで幅広く活用できます。(普通の白菜と対比させればよかったです。写真左は、紫大根。一緒に購入)。

ポイント;旬の栄養、温まる、時短、味変(アレンジ)…定番ですが・・・

#オレンジクイン #鍋 #かぼちゃもそろそろ食べなければ

「オレンジ白菜ミルフィーユ鍋! アレンジは、かぼちゃたっぷりの”ほうとう”で」に、決まりました!

オレンジクインの芯葉には、一般的なハクサイが含有しない「シスリコピン」を含むそう。シスリコピンは通常のリコピンより体内に2.5倍も吸収されやすい性質を持っているというから、抗酸化作用の中でも優れものです。アンチエイジングそのものです!  

レシピ①定番:オレンジ白菜ミルフィーユ鍋:豚肉をくるんで鍋にポン、 甘くてトロッシャキっ、 新鮮な食感

いつからか定番の白菜ミルフィーユ鍋、豚肉&オレンジクインで作ると、見栄えも味も普段のとは一味ちがって気分も上がります。豆腐やニンジンも投入し、食感と見た目のコントラストも楽しみました。確かに、煮ると甘く葉先のとろみと、芯のシャキッとした歯ごたえ両方を味わえます。これが新鮮だし、アツアツ、トロッシャキっ、ジュワ~の、三身一体に人間はこんなにもテンションが上がるのだなと実感!

レシピ②アレンジ:かぼちゃたっぷり”ほうとう”に味変!白菜のうまみに、甘辛味噌スープと麺が絡み合う

どちらかというと、体の温まり具合は、このほうとうに軍配です!スープが体中に染みわたる!

かぼちゃはざく切りである程度レンチンしたほうが早く煮えます。鍋の残りに小さく切ったかぼちゃ、甘辛味噌ダレ、麺(市販のものでいきました)、を入れ、最後にネギを散らして完成!

言うまでもなく、甘辛味噌が絡み合って至福のひととき。そもそも、オレンジクインの白菜のうま味を踏襲しているから、ダシにも深みが増しています。(ここに唐辛子も、またおススメ)

かぼちゃもカロテン豊富だし、良いことづくめだな。新鮮な旬の野菜って本当に体内が整います♪仕事はじめで慌ただしくなってきた食卓、ぜひ栄養を時短でとりいれてみてくださいね。

(参考;オレンジクイン ハクサイ 品種カタログ | タキイの野菜【タキイ種苗】 (takii.co.jp)リコピンとは?効能・効果の観点からわかりやすく解説 | H2株式会社 (health2sync.com)

味変 番外編:いぶりがっこと松前漬け和え(お正月の残りで)

味変といえば、先日、お正月料理で残った、松前漬けに、これまた残ったいぶりがっこを細かく刻み、混ぜると、食感のよい和え物に!非常に合います! 納豆を加えても美味と思います。ぜひお試しください。(いつか、いぶりがっこレシピだけ紹介したいです)

私が感動することのひとつに、いつもと変わらない空に、一年でこんなたくさんの確立で出会えるということです。変ですか?(笑)。今日も太陽の恵みを受けて、体内時計がまず整います。ありがたいことです。

健康であることに、日々感謝します。今日もスマイルで活動です♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました