美味しさ「ととのう!」いぶりがっこ×カマンベールのスモークチーズ、豆のマリアージュを堪能

健やかを保つ

GWの食卓をプチっと華やかに!郷土の名産として時々お目見えする「いぶりがっこ」、チーズと合わせるのがいつしか定番になりましたが、今回は、燻製同士のマッチングで、「カマンベール入りスモークチーズ」を加えて簡単でバツグンに美味しいサラダが完成!市販のサラダ豆4種を和えたら、彩り豊かなサラダとしても、前菜、おつまみにもピッタリ。香ばしさとコリっとした各々の食感に、噛めば噛むほど、ああ感嘆・・・美味しくて言葉がなくなりますよ♪

寒冷地ならでは、囲炉裏の上で自然にいぶされたのが発祥。ガッコガッコと口を鳴らして食べるのもルーツ?!

そもそも大根の漬物「たくあん」は、天日干しにした大根を漬け込むのですが、日照時間の少ない秋田では屋外では凍ってしまうため屋内に吊るし、自然に囲炉裏(いろり)の煙でいぶされたのが「いぶりがっこ」の起源(失礼ながら私も知りませんでした)。それを米ぬかで漬け込みます。「がっこ」は、確か、秋田の方言でたくあんの事だった気がするのだけれど、改めて調べると・・・漬物全般の方言とのこと。噛むと、ガッコガッコというような独特の音を立てるからかな~と子供のころに想像していたな(なぜか誰にも確認しませんでした)。方言ってそういうものなのかしら。地元の人は、理由を求めない(笑)。(参考;秋田県いぶりがっこ振興協議会 (chuokai-akita.or.jp)

カマンベール入りスモークチーズとの相性の良さを発見!ミックスビーンズの食感、亜麻仁油で、つまりは美味しさが「ととのう!」

レシピは、本当に簡単で、市販の各材料(いぶりがっこ、チーズ、豆)を和えるだけ!今回入手した、スモークチーズには、たまたまカマンベールチーズが入っていたので、ほどよくクリーミーなのも美味しさの秘訣。そして、なじませるために、亜麻仁油を加えて混ぜました。オリーブオイルでももちろんOK。いぶりがっこ自体のうま味を存分に出すならば、さらっとしたクセのない風味の亜麻仁油やえごま油がおススメです。最後に、イタリアンパセリを加えてアクセントに。バジルでも良いです。豆も、大豆のみよりも、今回のようなミックスビーンズにすると、それぞれの豆の風味が感じられて面白いです。お好みで塩コショウや、ビネガーを加えてもGOOD。アレンジは無限大!ぜひ試してみてください。

いぶりがっこを漬け込む米ぬか自体にも、乳酸菌やビタミン、ミネラルが豊富な発酵食品、腸活にもgood

栄養価的には、チーズと豆のタンパク質、いぶりがっこには、大根の食物繊維、ビタミンC、米ぬかの乳酸菌(発酵食品)で腸活にも良いです。米ぬか自体のビタミンやミネラルも摂取できるので栄養豊富です。(参考;秋田伝統の味【いぶりがっこ】の気になるカロリーや栄養成分とは | 食・料理 | オリーブオイルをひとまわし (olive-hitomawashi.com)

108回目の煩悩の数だけ生まれた、BUONO(おいしさ)に感謝☆

昨日はどしゃ降りの雨、雨。。そんな中でも庭の緑が元気よく生い茂ってきました。イタリアンパセリは毎日食べても消費しきれないほどに。またレシピを考案するチャンス☆今回で108回目の投稿、煩悩の数に匹敵です。私の煩悩の数だけ、BUONO(おいしさ)が生まれた気がします。今日もスマイルで夕焼けです。お疲れ様です。どうか一日の疲れをいやしてくださいね♪♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました