米寿のお祝いは、ランゲルハンス島ツアーで決まり⁉(梅×血糖値関連)

健やかを保つ

日常から血糖値の急上昇をおさえたり、ロカボ(適正糖質)な食品が世を賑わせているという風潮は、私の小さいからは予想もしなかったけれども、豊かすぎる食生活の影響なのでしょうね。

そんな中、たまたま祖母がガンになり、自己免疫を高めてあげたい一心で、40年前に父がいわゆる健康食を学び、梅や玄米、精製してないもの(黒砂糖)、ミネラルウォーターなど、今となっては当たり前とも思えるシコウ(思考?嗜好?志向?)を、じわじわと幼い私にも浸透させていったっけ。

小中学生の当時はさすがに反発して、こんな酸っぱい梅のエキスなんて飲めない、とは言えずにただ手をつけずに放置とか(笑)。それでも、一人暮らしを始めた私のもとには、年に何回か、勝手に宅配されてくる健康的なモノの数々・・中でも梅肉エキスだけは本当にいつでも送られてくる。

恥ずかしながら良さを体感したのは、コロナ懸念のこの1~2年。40代半ばという年齢もあるだろうが、本当に血のめぐりが良くなって疲れが取れやすい。クエン酸効果もあるでしょうし。風邪すら大して引いていない。この夏はとくに実感。

祖母はあっという間に逝ってしまった。無念を無駄にしないため、受け継いでくださりありがとう。おかげさまでまた一つ、健康で年をとりました、本日。

まったくタイトルと違う内容ですが、そんな梅が血糖値上昇をおさえる役割を果たす研究結果もあり、フムフムとまじめに読んでいたなか、

引用;梅エキスの生活習慣病(糖尿病、高脂血症)に及ぼす効果 | 梅(梅干し)・梅リグナンの効能 | 紀州梅効能研究会 (umekounou.com)

子供の学校の試験範囲でも、血糖濃度調節の範囲をドンピシャで学んでいた。

数年後、米寿を迎える父へのお祝いは、一緒に、すい臓のランゲルハンス島ツアーに行くことです(笑)

A細胞コースまたはB細胞コースを選択できます。

あなたはどちらのコースがお好み??

もぎたての柚子を頂きました!次回のレシピに登場かな

コメント

タイトルとURLをコピーしました